反抗心と、アメリカ文化への憧れでタトゥーを入れた。

日本社会は、タトゥーにたいして否定的なことは理解している。ただ、既成概念が好きではない、そんな反抗心からタトゥーを入れた、50代男性の体験談。子供のころから憧れたアメリカ文化に影響を受けてタトゥーに魅せられた彼は、タトゥーを入れて後悔しなかったのか?




アンケート回答者データ
性別 男性
年齢 50代前半
職業 自営業
デザイン 龍とクロス
タトゥーをいれた場所




タトゥーを入れようと思った理由を教えて下さい。
アメリカの文化(音楽、映画等)が好きなので、必然的にタトゥーに興味を持ちました。

日本の場合、一般的にタトゥーは良いイメージはありません。

しかし、アメリカでは有名人はもちろん、一般人も普通にタトゥーを入れています。

自分の場合、既存の「こうあるべき」という固定概念が好きではないので、そういった反抗心の部分もありました。

もちろん、ファッション感覚という部分も当然ありましたが。

人とカブるのは最悪。デザインに、こだわる方にお勧めのタトゥーデザインブック

一生消えないタトゥー。後悔しないためにも、やっぱりデザインにはこだわらなくちゃ。そういった時に頼れるのが、タトゥーデザインブック。
参考になるデザインを見つけたら、デザインブックをもって彫り師さんに見せれば、イメージの共有も具体的だから失敗のリスクも回避できるぞ。
タトゥーのデザインブックなんて、インテリアとしてもオシャレ。

タトゥーを入れた場所と、その場所にした理由を教えてください。
両腕の肩の部分です。

人に見せるというより、まず自分から見える部分ということが大前提としてあったので。

どんなデザインのタトゥーを入れましたか?色、形、大きさ、意味など、教えて下さい。
片方は龍、もう片方は十字架(クロス)です。

龍の方はトライバルという形式のもので、黒を主体に赤のラインがワンポイントで入っています。

大きさは煙草の箱よりちょっと大きいくらいです。

当初は特に決めていなかったんですが、サンプルの中で龍のデザインが非常に気に入ったので決めました。

十字架の方はデザインをある程度決めていました。色は黒で大きさはやはり煙草の箱よりちょっと大きめです。

特に意味はありませんでした。十字架にしようと思ったその時の感覚です。

タトゥースタジオ・彫り師をどうやって選びましたか?
ある程度、専門誌やインターネットに掲載されているようなお店を選びました。

彫り師さんに関しても同じです。ある程度媒体に紹介されている方が在籍しているお店を基準にしました。

それとあまり遠方ではなく、自宅から近い場所(電車一本で行けるような)を選びました。

ムダ毛だらけじゃ、せっかくのタトゥーも台無しじゃない?

今年の夏は、今注目の脱毛サロン KIREIMO で、タトゥーが映えるムダ毛のない素敵なバディーに変身なんてどう?!今なら、スリムアップ全身脱毛 33か所が初回分無料

>> 女性向けのお得なプランはコッチ <<
>> 男性向け MEN'S KIREIMO はコッチ <<

タトゥーが完成するまでの期間と、費用など教えて下さい。
最初に入れたお店は予約してから二週間後くらいです。2~3時間、1回で施術は終了です。費用は約2万円でした。金額的には妥当だと思います。

二回目に入れた時はデザインを彫り師さんと何度もメールを使い打ち合わせさせてもらいました。

ですから、予約してから実際施術するまでには1ヶ月くらい期間がありました。

当日の施術はやはり1回で済みました。休憩を挟んで約3時間くらいです。

費用は3万円です。多少複雑なデザインだったので金額的には満足です。

タトゥーを入れるとき痛みはありましたか?
これは皆さんが一番気になるところだと思いますが、最初に入れた時は想像していたよりも痛くなかったので驚きました。

彫り師さん曰く、入れる箇所によって痛みも当然違うんだそうです。

二回目に入れた時はやや痛かったです。肩から腕の裏の部分にかかる箇所があったので、筋肉の付いていない部分はやはりちょっと痛いようです。

痛みの感覚はボールペンで少し強めに字を書かれているような、そんな感覚です。

タトゥー施術中に苦労したことや、気をつけたこと教えて下さい。
特にありませんでした。

入れてから数日後にちょっとかゆみがあった程度です。

タトゥーを入れて良かったこと、満足していることを教えて下さい。
他の人とはちょっと違うんだという自己満足ですね。

変な優越感みたいなものです。

どこにタトゥーを入れようか悩んでる…。本番の前に、一回試してみたいんだけど…

一生消えないタトゥー。入れちゃってから、「やっぱりこっちに入れとけば良かった…!」とか、「思っていたより目立つ!」とか後悔したくないでしょ?そんな人には、ヘナタトゥーがお勧め。
ヘナタトゥーは、2週間で完全に消えるタトゥー!タトゥーシールより本物に近くシミュレーションに最適。実際に入れると、こんな雰囲気になります!

>>フェイクタトゥ専門店のヘナタトゥーセット<<

タトゥーを入れて後悔していることや、消したいと思ったことはありますか?
まったく後悔していませんし、消したいなどと思ったこともありません。

出来ればまた別の箇所に入れたいと思っているくらいですから。

これからタトゥーを入れる人にアドバイスを!
まず、迷うようなら絶対入れてはいけません。

自分の中で「入れる」という信念がない限り後悔するだけですから。

一生消えないものです。そのへんをよく考えて欲しいです。

まとめ

タトゥーを入れながらも、全く後悔していないと言い放つ彼。できる事ならば、彼と同じように、タトゥーを入れたら後悔したくはないもの。

「人に見せるというより、まず自分から見える部分ということが大前提としてあったので。」という彼の言葉にある通り、人に見せたいという欲求ではなく、自分自身のために入れるということが後悔しないポイントなのだと思う。

アメリカ文化と、日本文化ではタトゥーに対する考え方も捉え方も全く異なる。日本社会でタトゥーを背負って生きるのであれば、しっかりと周囲との関係性を保てるような工夫が必要だ。