就職活動中にタトゥーを。亡き祖父母の名前を腰に刻む


大好きだった祖父母の事を忘れないため、就職活動中でありながら、腰にタトゥーを入れた20代後半女性のタトゥー体験談です。祖父母の名前と誕生日をモチーフにしたデザインを選んだ彼女は、タトゥーを入れた事に満足しているのか?




アンケート回答者データ
性別 女性
年齢 20代前半
職業 OL
デザイン レター
タトゥーをいれた場所




タトゥーを入れようと思った理由を教えて下さい。
20歳の誕生日を迎える直前に誰よりも大好きで心の底から信用していた祖父母を立て続けに亡くしてしまい、現実を受け入れることができず祖父母との思い出や教えてもらったことなどを忘れたくないと思ったことと何よりも孫として生まれてきて良かったという気持ちからいつかは薄れてしまうかもしれない思い出を作らないためにもタトゥーを入れようと思いました。

人とカブるのは最悪。デザインに、こだわる方にお勧めのタトゥーデザインブック

一生消えないタトゥー。後悔しないためにも、やっぱりデザインにはこだわらなくちゃ。そういった時に頼れるのが、タトゥーデザインブック。
参考になるデザインを見つけたら、デザインブックをもって彫り師さんに見せれば、イメージの共有も具体的だから失敗のリスクも回避できるぞ。
タトゥーのデザインブックなんて、インテリアとしてもオシャレ。

タトゥーを入れた場所と、その場所にした理由を教えてください。
腰に入れました。

最初は手首や二の腕に入れようと思いましたがその当時就職活動していましたので目立ちにくいところでと考えたところ腰になりました。

どんなデザインのタトゥーを入れましたか?色、形、大きさ、意味など、教えて下さい。
色は黒です。

形は、数字と祖父母の名前のイニシャルを2行にして入れました。

大きさは1文字1円玉程度の大きさにしました。

意味は祖父母のイニシャルと誕生日と私のイニシャルと誕生日を組み合わせました。

タトゥースタジオ・彫り師をどうやって選びましたか?
友人の勧めで決めました。

彫り師を選ぶ際に重視したポイントはまずは話してみた雰囲気などを感じて私が彫ってほしいイメージを理解してしてくれるのかを話をしていく中で感じ取って決めました。

ムダ毛だらけじゃ、せっかくのタトゥーも台無しじゃない?

今年の夏は、今注目の脱毛サロン KIREIMO で、タトゥーが映えるムダ毛のない素敵なバディーに変身なんてどう?!今なら、スリムアップ全身脱毛 33か所が初回分無料

>> 女性向けのお得なプランはコッチ <<
>> 男性向け MEN'S KIREIMO はコッチ <<

タトゥーが完成するまでの期間と、費用など教えて下さい。
完成までは2週間すこしかかりました。

5回ほど通い3万円もかかりませんでした。

私のイメージをそのまま入れていただいたのでとても満足しています。

タトゥーを入れるとき痛みはありましたか?
痛みは感じましたが我慢できる程度でした。

痛みを例えるならば、私の感覚ではありますがピアスを永遠に開け続けているような感覚の痛さでした。

タトゥー施術中に苦労したことや、気をつけたこと教えて下さい。
特に苦労したことはありませんでしたが、周りの目はやはりきになりました。

誰にも相談することなく決めたので親や友人などに見られてしまったときになんて言われるのかや温泉やプールに行きにくくなることも不安になりましたが、今では友人や親も理解してくれているのでタトゥーを入れたいと思ったら理由などの説明や相談をしてから行ったほうがよいと思います。

タトゥーを入れて良かったこと、満足していることを教えて下さい。
自分の入れてほしかったデザインでもあり、大好きだった人の何かを刻むことによってすごく心強い気持ちになり常に味方がそばにいるような気がして前向きになれます。

どこにタトゥーを入れようか悩んでる…。本番の前に、一回試してみたいんだけど…

一生消えないタトゥー。入れちゃってから、「やっぱりこっちに入れとけば良かった…!」とか、「思っていたより目立つ!」とか後悔したくないでしょ?そんな人には、ヘナタトゥーがお勧め。
ヘナタトゥーは、2週間で完全に消えるタトゥー!タトゥーシールより本物に近くシミュレーションに最適。実際に入れると、こんな雰囲気になります!

>>フェイクタトゥ専門店のヘナタトゥーセット<<

タトゥーを入れて後悔していることや、消したいと思ったことはありますか?
後悔はしていません。

これからタトゥーを入れる人にアドバイスを!
ありがちではありますが、デザインや本当に入れてもいいのか、どの場所に入れるのか何のために入れるのかという理由。

入れるのは簡単ですが消すにはそれ以上の時間と費用がかかります。

そして今の日本の社会では理解はとても少ないと思いますので、簡単に入れるのではなく日数をかけて時間をかけてじっくりと考えてからいれることをおすすめします。

時間をかけて考えれば考えるほど完成した時の後悔はありませんしとても大切な自分の体の一部の印として愛着がわいてきます。

まとめ
タトゥーを入れるということに対して、まだまだ否定的な日本社会。

就職活動中という人生の転機において、彼女のとった行動は、もしかしたらマイナスに捉えられることも多いかもしれませんが、「大好きだった人の何かを刻むことによってすごく心強い気持ちになり常に味方がそばにいるような気がして前向きになれます。」という言葉は、胸に響きます。

人に見せるためにタトゥーを入れるのではなく、自分のためにタトゥーを入れた彼女。きっと、彼女は、タトゥーをいれたことを後悔しないのだと思います。