ミュージシャンへの志を胸に刻む


ミュージシャンとして、一生歌い続ける志を忘れないために、自分の胸にタトゥーをいれた 30代男性の体験談。自分の決意や、自分の夢を常に意識するために、タトゥーは最良の方法なのか?




アンケート回答者データ
性別 男性
年齢 30代前半
職業 フリーター
デザイン レター
タトゥーをいれた場所




タトゥーを入れようと思った理由を教えて下さい。
音楽活動を続けている最中に本気でプロを目指そうと心に誓ってからは、その思いが揺れないように毎日目に入る部分にタトゥーを入れて、自分自身を鼓舞していこうと思った事がタトゥーを入れようと思ったキッカケです。体に文字を入れました。シャワーの度に毎日目に入ります。

人とカブるのは最悪。デザインに、こだわる方にお勧めのタトゥーデザインブック

一生消えないタトゥー。後悔しないためにも、やっぱりデザインにはこだわらなくちゃ。そういった時に頼れるのが、タトゥーデザインブック。
参考になるデザインを見つけたら、デザインブックをもって彫り師さんに見せれば、イメージの共有も具体的だから失敗のリスクも回避できるぞ。
タトゥーのデザインブックなんて、インテリアとしてもオシャレ。

タトゥーを入れた場所と、その場所にした理由を教えてください。
心臓の位置に入れました。左胸部です。乳首のやや上にアルファベットの文字を入れました。

自分の心臓が動き続けている限り、自分の音楽活動も生き続けるという意味合いを込めてタトゥーを入れてもらいました。出来るだけ、意味をもたせる体の部分に意味のある何かを入れようと思っていました。最終的に決めたのは心臓の位置でした。

どんなデザインのタトゥーを入れましたか?色、形、大きさ、意味など、教えて下さい。
筆記体のアルファベットで「Vo Evergreen」とオシャレに入れてもらいました。色は黒です。形はちゃんと文字がバランス良く入るように、ちょうど左胸筋の端から端までの長さとサイズです。そこはタトゥースタジオのプロに文字の大きさと幅の調整をしてもらいました。

「Vo Evergreen」の意味はVoがVocalの意味でEvergreenが常緑樹。永遠に同じ色を保っているという意味合いから「一生、枯れずに歌い続ける」という意味になります。自分で繋ぎ合わせた分、左胸を見る度にミュージシャンとしての根源的な活力を感じますし、気合が入ります。

タトゥースタジオ・彫り師をどうやって選びましたか?
アメリカ留学中に入れてもらったのですが、仲の良い友達がタトゥーを入れていたので、その影響もあり、興味を持ちました。その友達に紹介されたタトゥースタジオで初めての体験でした。選んだ理由は友達を信頼しているという事がひとつ。そして友達の体に入っていたタトゥーが上手すぎる事がひとつ。最後に有名なタトゥースタジオとしてなかなか予約が取れない事がひとつ。この3つのポイントから選びました。

ムダ毛だらけじゃ、せっかくのタトゥーも台無しじゃない?

今年の夏は、今注目の脱毛サロン KIREIMO で、タトゥーが映えるムダ毛のない素敵なバディーに変身なんてどう?!今なら、スリムアップ全身脱毛 33か所が初回分無料

>> 女性向けのお得なプランはコッチ <<
>> 男性向け MEN'S KIREIMO はコッチ <<

タトゥーが完成するまでの期間と、費用など教えて下さい。
一度足を運んで、そこで完成しました。特に色は付けなかったため、手間も費用もそんなに掛かりませんでした。日本円で2万円ほどだったと思います。左胸に一直線、黒文字が並んでいるだけですので、30分程の我慢で完成しました。一生もののタトゥーという意味合いで入れてもらったので、そう考えると2万円は安すぎると思います。遊びで入れようとは思いませんので。

タトゥーを入れるとき痛みはありましたか?
痛かったです。尖った痛みを強く感じました。徐々に血が滲み出して来るので、見ていて楽しいものではありませんでした。ひたすら椅子の取っ手の部分を手で握り締めて、胸筋に力を入れていました。夏場だったこともあり、口は真一文字で閉口しているのだけれど汗が垂れ落ちてくるという30分間でした。スクリュータイプのチクチク感です。皮膚に何かを書いている感じはイヤでも分かります。

タトゥー施術中に苦労したことや、気をつけたこと教えて下さい。
「作品」を無駄にしないように、マネキン状態になることを意識しました。呼吸も半ば止めていたのかもしれません。かなり痛かったですが、皮膚や筋肉に影響が出ないように固まっていました。タトゥーを入れてくれる人の真剣さに応えたスタンスでもあったと思います。タトゥーを入れた直後はサランラップを巻いて大人しくしていました。相変わらずにじみ出てくる血はありましたが、タトゥーを入れ終わった開放感は素晴らしいものでした。炎症などは特になく、やや日が重なるにつれて、かさぶたっぽいかゆみはありました。

タトゥーを入れて良かったこと、満足していることを教えて下さい。
自分の音楽生活を向上させるためには非常に役に立っています。文字もかなりオシャレですので満足していますし、後悔した事がありません。もう8年ほど前になりますが、今だにシャワーを浴びる際には目に付きますし、ミュージシャンとしてのモチベーションアップにも繋がっています。

どこにタトゥーを入れようか悩んでる…。本番の前に、一回試してみたいんだけど…

一生消えないタトゥー。入れちゃってから、「やっぱりこっちに入れとけば良かった…!」とか、「思っていたより目立つ!」とか後悔したくないでしょ?そんな人には、ヘナタトゥーがお勧め。
ヘナタトゥーは、2週間で完全に消えるタトゥー!タトゥーシールより本物に近くシミュレーションに最適。実際に入れると、こんな雰囲気になります!

>>フェイクタトゥ専門店のヘナタトゥーセット<<

タトゥーを入れて後悔していることや、消したいと思ったことはありますか?
後悔している事はありません。特に人に見せるためというワケではなく、自分自身が納得出来る部分にタトゥーを入れているため、外での付き合いでタトゥーを披露する機会はありません。ごく一部の方だけが知っている程度です。社会に於いてという意味合いで、タトゥーをカバーする必要性はまったくありません。

これからタトゥーを入れる人にアドバイスを!
自分の頭で考えて一生ものの作品を入れる事には大きな意味があります。カッコつけで入れるのも悪くはないと思いますが、20年後の自分はそのタトゥーをダサいと思っていないか?と考えて見ることも大切です。体のどの部分に何を入れるか本気で考えたほうが無難です。また、そのタトゥーが自分の日常をポジティブなものに変えてくれるのか?という視点も大事です。毎日向き合うタトゥーというチカラは侮れません。

まとめ

自己啓発的なメッセージタトゥーを入れる事は、特に、男性の方に多いようです。特に、ミュージシャンや、アーティストなど、タトゥー文化が根付いているジャンルにおいては、自分の生き様や、信念、決意など、タトゥーのモチーフにすることが好まれるよう。

ミュージシャンなど、厳しい世界に挑戦する方々にとって、常に信念や、決意を忘れず、揺らがない心を保ち続ける為には、タトゥーは必要なのかもしれません。