タトゥーの除去って大変なの?

タトゥーを入れる前に、しっかりと理解しておくべきが、タトゥーを消したくなった場合、どのような事が想定されるのかということ。

タトゥーがファッションの一部と捉えられる事が多くなったことで、タトゥーを入れることに対するハードルが下がっているように感じますが、いざ、タトゥーを消すとなると金銭的にも、肉体的にも負担は大きいです。

タトゥーの除去は、保険が適用されないため、治療費も高額になりがちです。基本的に、美容整形などで治療をうけることが一般的で、施術方法は、レーザーを使用して、タトゥーを目立たせなくするレーザー除去や、タトゥーが入った部分を切除する方法、他の場所から皮膚を移植する方法など、タトゥーの大きさや、タトゥーを入れている場所によって施術方法が変わりますが、数十万の費用がかかることが一般的です。

また、レーザー除去は比較的に少ないですが、どのような施術方法であっても、タトゥー除去を行うと、傷跡が残りますし、施術も複数回に渡って行うことが多いので、どうしても、タトゥーを除去するまでに時間がかかります。

そもそも、タトゥーを消すことを想定して、タトゥーを入れる人もいないかと思いますが、万が一、タトゥーを消す必要が生まれてしまった場合、これらのリスクがあることは、タトゥーを入れる前に、十分に理解しておくべきです。

タトゥーの除去方法は、大きく以下の3つがありますが、それぞれ、メリット・デメリットありますし、費用や、術後の仕上がりも異なります。

  • レーザーによるタトゥー除去
  • 切除によるタトゥー除去
  • 植皮によるタトゥー除去